Tag » Telegram

「引き寄せの法則」再検討2

「引き寄せの法則」再検討2

「引き寄せの法則」説は、当初、思考は現実化する、あなたの現実はあなたの心の反映である、ポジティブ思考のイメージトレーニングをしましょう、といった安直なオカルト的自己啓発思想として大々的に布教された。安直さとオカルト風味で多くの人を惹きつけたが、当然ながらそれでうまくいくという人は少ない。今でもYouTubeを探すと、ひたすら札束の写真を見せる動画とか、「あなたには毎月一千万円入ってきます」「あなたの髪はフサフサです」といった「アファメーション」を聞かせてくれる動画が氾濫している。タダなら良いが、下手にのめり込んだらそんなセミナーで大金を取られかねない。

世の中馬鹿な人ばかりではなく、賢いとは言えないがまったくのアホではない、という人が大半である。このような安直な「イメージは現実化する」説がウソであることは、「引き寄せの法則」説を信じたい人も薄々気づくようになる。

そこで出てきた(または、以前から説かれていたが強調されるようになった)言い訳の1つが、前記事の「心のあり方」説である。つまり、幸福な現実を引き寄せる人は、最初から幸福感を感じ満足している人であり、幸福な人として行為し、その結果、現実に幸福になるという説。トートロジーの詭弁のように見えるが、引き寄せの法則を説く人は、大抵、自分も成功していて、もっと凄い成功者の知り合いもいるという触れ込みなので、「現にそうなんだもん」と言われてしまう。

もい1つの言い訳が、少し角度を変えて、「本心から願っていること」は必ず実現している、というものである。オカルト趣味の人にはこっちのほうが味わい深いかもしれない。幸福になれない人は、実は本心から幸福になりたいと思っていない。幸福でない現状に留まるほうが快適であったり、自分は幸福になってはいけないという思い込みがあり、心の深いところで自分に対して幸福になることを「許可」していない、という。難しい「コンフォートゾーン」の話も要するにこれだろう。

確かにそういうこともあるかもしれない。「女日照りで、女が欲しい」という人は、心の奥底では、その欲求が満たされるのを望んでいないかもしれない。「女日照り」の現実を愛している可能性がある。性的飢渴は若い生命力の証明である。女に餓(かつ)えて、やりてーやりてーと想いながらオナニーするほうが、正規に性欲が満たされてしまうよりも実は楽しい可能性がある。あるいは、性欲は激しく切迫しているが、同時に卑しい欲望だと感じていて、それを本格的に満たしても虚しさしか得られないのではないかと心の深いところで予想していることも考えられる。その他にもいろいろな理由で切迫した性欲の充足を望まないことがあるだろう。「自分は女日照りである」という自己イメージを強く愛しているとも言えるので、前記事の「心のあり方」説とも両立する。

「引き寄せの法則」説が現実の処世に役に立つかは疑問だが、いろいろなことを考えるネタにはなると思う。

Ifttt

「引き寄せの法則」再検討

「引き寄せの法則」再検討

私は過去のブログで「引き寄せの法則」ブームを批判したが、そのとき念頭にあったのは、ほぼ、「ポジティブ思考で全て解決」的な、粗雑な言論だった。つまり「現実はあなたの心の反映に過ぎないから、ポジティブな思考をしていればポジティブな現実が引き寄せられてくる」という説である。実際今でもこのレベルの子供だましな説を唱える人も決して少なくないが、この分野のYouTubeの動画を見ていると今はもっと洗練された、巧みな理論が主流になりつつあるようだ。

最新の「引き寄せの法則」説の要点は次のようなものである。

「引き寄せの法則」とは、あなたの現在の心の「あり方」が、同じような「あり方」を現実として引き寄せてしまうことである。例えば、仮にあなたが女日照りで、女が欲しいとする。そこであなたがいくら女をくださいと祈り女をイメージしても女は引き寄せられてこない。むしろ、女が欲しいという欲求の前提となっている「自分は女日照りだ」という現実をさらに引き寄せてしまう。だからあなたはずっと女日照りのままである。何かを欲しいと強く願うことは、それが「欠けている」、不足しているという自己イメージを強く肯定することであり、「自分にはそれが欠けているから欲している」という現実を、結果として引き寄せることになる。あなたは相変わらず不足を感じ、欲し続けるであろう。従って、ある現実を引き寄せたいなら、それがすでに得られているように振る舞うべきである。すでに得られているような心のあり方をすべきである。欲しいと思うものはすでに得られていると信じ、すでに得られているような心のあり方を保つことができれば、現実はおよそあなたの思いのままになるであろう。

なかなかハズレのない、スキのない理屈ではないか?

実際には、苦境にあって安楽を得られたような「心のあり方」を維持できる達人はほとんどいないから、ほとんどの人は足切りされ、この法則の妥当性の判断材料には入ってこない。なんのかんのと言いながらもともと結構勢いのある人だけが資料になるから、この法則はほぼハズレなく妥当することになる。

この精巧な思想は、聖書の言葉の解釈のようでもある。
曰く、
「持っている者はさらに与えられ、持たざる者は僅かに持っている物も奪われる」
「心に願う物はすでに与えられていると信じなさい」
など。
もっとあるかもしれない。

「引き寄せの法則」は、もちろん「スピリチュアル」であり、オカルトである。金持ちになるにはどうすれば良いかから入って、必ず「高い波動レベル」「ステージ」「宇宙の意志」と言うような話になっていく。「神」とはっきり言う者もいる。

「引き寄せの法則」の聖典らしい「ザ・シークレット」という本の内容が、YouTubeにも上がっているが、初っ端から過激である。

今の世界では、1パーセントの人が世界の全ての富の大半を所有しているが、それがまさに「引き寄せの法則」が働いている証拠である、という。

また、「引き寄せの法則」論者は言う。「正しい、とか、正しくない」ということを考えるべきではない。それはネガティブな心のあり方である。「ジャッジ」してはいけない。「人を裁くな」。

なるほど、そうかもしれない。イエス・キリストも「人を裁くな」と教えている。それに、上手に生きるには、正しいとか正しくないということにはこだわらないのが良い。

しかし、彼らは、神(のような存在)を認めながら、正義を顧みない「引き寄せの法則」の働きで、1パーセントの人間が人類の富を独占していることも、こだわりなく全肯定するのだ。神がそのような法則を裏書きしているということになる。

イエス・キリストが現在流行っている「引き寄せの法則」説を聞いたらどんな感想を漏らすか、聞いてみたい気がする。

…………..

「引き寄せの法則」再考 | Kuantanlog… 25 kata lagi

Ifttt

牧師の説教とは随分違う

東方正教会司祭の説教より

http://ift.tt/2mDQkiW

牧師の説教とは随分違う。
以下一部引用。

>
神が存在するということ、神の子が処女の胎から人として生まれたこと、十字架による罪の赦し、ハリストスの復活、教会に溢れる聖神の恵み、ご聖体が主のお体や血であること、再臨と最後の審判、こんな途方もないことをさらりと「信じられる」と言えるとしたら、その人は嘘つきか病気、また宗教を「商売」にしている人です。そうでなく、「信じられないこと」を潔く認めた上で、それでも「信じる」ことを「不退転の決意」として決意し、そこに人生の一切を、生も死も、ゆだねきる、即ち「信じる者になる(イオアン20:27)」、これが信仰です。「ハリストスというお方を己の人生に迎え入れる、そうすれば俺は新しい自分によみがえることができる」、そう信じる生き方に躍り込む、そこから信仰は始まります。スイッチを入れるのです。

Ifttt

日本人が西洋人に劣っている事実 

白人が優れていることは認めなければならない | Kuantanlog

http://ift.tt/2noPPbd

例えば、日本とドイツを簡単に比較した場合、ドイツ語を学んだことのある日本人は何百万人もいるのではないか。大学に進む人の1割がドイツ語を学習するとしても、全人口の数パーセントはドイツ語をかじったことがあることになる。他方、ドイツで日本語を学んだことのある人などというのは、ごく一部の好事家と日本関係の仕事をする人を除き、ほぼいない。ドイツの思想家について知っている日本人はさらに多い。カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデッガーなどの名前を知っている人は多いだろう。翻って、ドイツ人は、「日本に思想があるの?ハラキリか。日本に思想家がいるの?ニンジャか?」という程度の日本理解だろう。実際、西洋の思想のような思想が日本に存在するのか、思想家と呼べる者が日本にいるのか、疑問である。音楽ともなれば更である。ドイツとの比較でもこれだけの開きがある。フランスやイギリスと比較するなら、彼我の格差は絶望的なものになる。

結局、日本は西洋(白人キリスト教諸国民)にはかなわないのだ。日本人は西洋人には勝ち目がない。このことは100年後も変わっていないと思う。(日本国、日本国民が今のような形で続いている限り。大幅な混血や言語改造=英語公用語化の実現があれば事情が変わるかもしれない)。このことをよく認識しなければいけないと思う。

ちなみに、欧米では今でも、子供が日本語を学びたいと言うと親が激しく反対することが少なくないらしい。日本語学習者=nerdというイメージもあるらしいが、伝統的な野蛮イメージもあるのだろう。ハラキリされたら困るとか。イスラムを学びたいと子供が言い出した時に似た困惑があるようだ。日本で言えば、ホッテントット語を学びたいとか、パプアのペニスケースをつけたいと言うようなものだろうか。

Ifttt

March 26, 2017 at 02:34PM

戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争勢力のボスであったデビッド・ロックフェラーが死去:今後、日米関係に大きな変化が起こる可能性が大 http://ift.tt/2n6eheP

日記

「ひろゆきが牧師を論破」動画を見て

ひろゆきが牧師を論破するという動画を見た。牧師の話がまるで子供だましでネタかと思うが、同じような話は他のキリスト教徒からも聞いたことがある。聞き覚えのある子供だましだった。

キリスト教徒は、あるいは牧師は、非キリスト教徒はみな刹那の享楽で生きていて普遍的なものへの憧れを知らないと信じているようだ。

この説法は、おそらく、白人が非白人の「野蛮人」に布教する時に使ったものだろう。白人としては、土人どもは子供のようなものだと思ったから、子供だましのたわごとを使うのが良いと思ったのだろうが、土人はやさしいので、馬鹿馬鹿しいと思いながらも、白人にあわせて馬鹿のふりをして感心して見せていたのかもしれない。

とにかくその手法を、白人は日本土人にも使ったのだが、日本土人はホンモノのバカなので、キリスト教に改宗して半分白人になったような気分になり、白人とまったく同じセリフを他の日本人に使うようになった。(民青同盟員のようなものである)。

また、牧師が「真理」を連発していたのもカルトめいていた。彼の布教するのは「信仰」ではないのか?そんなに真理なら「信じる」必要はない。

日本人がいくらバカでもキリスト教が日本に広まらない理由もここにある。キリスト教徒日本人はもっとバカだからである。

日本人キリスト教徒学者がイスラムを中傷している対談を読んだことがある。イスラムが説く天国が「程度が低い」から、イスラムも程度が低いという。程度が低いのはこのキリスト教徒の方だ。俺はイスラムの説く天国は素晴らしいし逝きたいと思っているが、(毎日処女に戻る美女に囲まれて暮らすことに何の不満があるのか?)、このキリスト教徒は仏教の説く「待機説法」というのを勉強したほうが良い。イスラムが成立した頃のアラビアの人々の民度がどんなものだったか、ということだ。

日本人キリスト教徒は、独善的であるだけでなく頭の程度が低すぎるので、日本人が宣教している限り、今後も日本にキリスト教が広まるということはないだろう。

Ifttt

日本軍の蛮行 March 25, 2017 at 10:36PM

今もマレーシアのテレビで戦時中の日本兵を描いたドラマをやっている。中国大陸が舞台。中国語のドラマだが日本語も出てくる。字幕はマレー語のみ。日本語のところもマレー語字幕のみだが、華人も読める。

日本軍の蛮行は、マレー半島でも語り継がれている。日本兵の行くところレイプや拉致は当たり前。女狩りをして監禁して輪姦することなど日常茶飯事だった。慰安婦強制連行など、あったに決まっているのであって、なかったという方がおかしい。

日本兵の蛮行は、こんなにみんなが親切にしてくれるマレーシアでも、決して忘れられることなく語り継がれている。このことを忘れてはならない。

Ifttt